奥駈道(弥山から前鬼)

                            奈良県天川村        奈良県下北山村

2003年7月17日  晴れ時々曇り
行者環トンネル--弥山--明星ケ岳--舟のタオ--楊子の宿跡--孔雀の覗き--釈迦ケ岳--前鬼宿坊--前鬼


ショウタン、私(後からサポート)、ノブヤン、タエチャン(車の迎え)


今回の山行は、日帰り12時間コースですので、前日から、登山口の行者環トンネル近くにテント泊しました。


16日、15時テント場に到着。さっそく設営して、宴会の準備に入りました。準備完了まで、すでにビヤー2本いただきました。


夕食は七輪で焼き肉です。上の青いテントは、宴会用です。空も暗くなり、宴もたけなわの中、明日の弁当を作り22時就寝しました。17日2時30分起床、テントを撤収、4時きっかりトンネル西口出発しました。まだ、附近は真っ暗闇ですので、ヘッドランプを付けての出発です。ショウタンは、快調に高度を稼いでいきましたが、私は、いつもこのコースを登るときは、相当汗をかくのに、今日は、ほとんど、汗がでません。又、頭や、関節が痛くなってきて、さらに、奥駆け出会いまでくると、寒けがしてきて、足の運びがぐんとおちてきました。ひたいに手をやると熱がありそうなので、ショウタンに状況を説明し、今日のコースはこれでは、行く自信がないので、僕は下山して、前鬼まで車を回してそこで待っているから。一人で行ってくれるかというと、頑張りますと言うことなので、僕は下山、ショウタンは、目的地めざして、それぞれ別れました。


別れてから、もときた急な下りを時間をかけて、ゆっくり降りてトンネルまで戻ると、さらに熱が出たようで、冷たい沢の水で頭を冷やし一時間ほど、車の中で、寝ていました。少しましになりましたので、下山地であります、前鬼林道ゲートまで、1時間余り車を回送し、途中、本日、迎えに来てくれるノブヤンに状況を連絡しました。彼らは、早い目に着いて、附近を散策するということでした。現地に8時頃着いて、おてんとさまがまぶしくひかっていたので夜露にぬれた、シュラフやテントを乾かし、テントの中で少し眠ってしまいました。10時過ぎノブヤン、タエチャンが到着して、心配してくれましたが、少し眠ったおかげで、すこし気分がよくなり、彼らは、二つ岩まで行くというので、前鬼宿坊まで、散策して、きました。帰ってきてからぐっすり眠り気がつくと16時30分でした。もうほとんど熱も下がり、からだの調子もよくなり、お腹も減ってきて、気がつくと、ノブヤンらがいつのまにか帰ってきて、うどんを作っているところで、私も、いただきました。そうこうしていると、下のほうで、なんか声がし、ショウタンが現れました。時間は17時7分で、みんな拍手で出迎えました。彼はよく頑張りました。制限時間があるので、食事もろくに摂らず、ただひたすら歩いたそうです。話を聞いて、本日の山行は、下山して正解だったとつくずく思いました。以下、本日のショウタンの山行の記録です。


6時50分   弥山手前から雲海を望む

7時   弥山到着

7時30分  弥山と八経ケ岳の鞍部 今年は、あまり気温が上がらないので、オオヤマレンゲがまだ咲いていました。オオヤマレンゲ撮影のため、20分ほど寄り道。

7時47分  八経ケ岳到着



深仙平への下山の標識、ほとんど踏み跡程度。

9時25分舟のタワ到着、おにぎり二つほうばる。20分休憩

10時楊子ケ森からみる七面山東方の絶壁

楊子ケ森の小屋、ログハウスでとてもきれい。ここから、仏生ケ獄の登りが始まります。


11時28分 30分うろうろしてやっと仏生ケ獄に登る。

12時3分 八経ケ岳から始めての水場 鳥の水場。

12時17分 孔雀の覗き  ここから釈迦ケ岳まで110分の標識あり。

釈迦ケ岳への途中、絶景です。

13時32分 釈迦ケ岳到着、 少し休憩をとりおにぎり一つ食べる。相当足が疲れてます。

14時11分 深仙の宿跡のお堂

14時38分  大日岳の鎖場、 本日は一人なので撮影のみ。  相当ガスってます。

14時53分  太古の辻 ここから南へ行けば熊野です。私は左へとって前鬼へ行きます。

15時35分  二つ岩到着です。

二つ岩からの階段は疲れた足には相当こたえます。

16時32分前鬼宿坊到着です。あと30分で目的達成です。がんばろう。

17時7分無事前鬼林道ゲート到着です。やりました。トータル13時間7分、おにぎり3個。疲れた。でも冷えたビールで乾杯したときは、疲れもふっとびました。